iPhone 6のスペック

皆さん、こんにちは。

今日はiPhone 6のスペックについて、現段階で噂されているものを紹介しておきます。

☆iPhone 6 スペックの噂①→ウルトラレチナディスプレイ
現在のレチナディスプレイはウルトラがついてウルトラレチナディスプレイになるとのことです。今でも綺麗なディスプレイはどこまで進化するのでしょうか。楽しみなところです。

☆iPhone 6 スペックの噂②→カメラは1600万画素
カメラの画素は驚きの1600万画素が噂されています。デジカメもびっくりな画素数になれば、インパクトはかなり大きいといえます。ただ、iPhone5Sは800万画素なので、一気に2倍になる可能性は低いのではないでしょうか。

☆iPhone 6 スペックの噂③→4K Video録画
ビデオ録画は驚きの4Kフォーマットが噂されています。単純に今よりも4倍の画像改造度と考えておけば良いかんじでしょうか。実現すれば、ビデオカメラも驚きの解像度ですね。

☆iPhone 6 スペックの噂④→2.3GHz quad-core A8 プロセッサ搭載
いつものようにCPUもレベルアップして、これまで以上に美しい映像と処理能力になりそうです。バージョンアップで嬉しいのは動きが速くなり、快適に使えることだと思うので、CPUのレベルアップなくしては進化といえません。
iPhone 5SとiPhone 5ではCPUに大きな変化を感じませんでしたので、iPhone 6ではCPU回りの進化に期待したいところです。

☆iPhone 6 スペックの噂⑤→3GBのRAM
これもカメラと同じくいきすぎた噂に感じます。現行のiPhone 5Sが1GBらしいので、3倍になることはないのではないでしょうか。せめて2倍の2GBになれば、というのが個人的な見解です。

☆iPhone 6 スペックの噂⑥→今よりも薄く、軽くなる。
iPhone 6は現行のiPhone 5Sよりも薄くなるようです。7.6mmから5.32mmまで薄くなるそうなので、ポケットに入れていることに気づかないレベルになるかもしれません。薄いということは軽いということにもつながるので、軽さも注目したいところです。

☆総括
今回入手した噂はかなり期待を込めすぎている内容といえますが、新しい何かを投入してほしいと世間から言われるようになっていることもあって、あり得ないとも言い切れません。

iPhone6でインパクトのあるスペックアップがあれば、市場は何も言えなくなるのではないでしょうか。

参考:Video: iPhone 6 phablet concept is impossibly thin – and impossible to build

サブコンテンツ

このページの先頭へ